賢明な電話の応対

言葉に感情がこもっているか

電話代行の会社を選ぶときに、チェックしておきたいのが担当者の電話対応です。マナーはもちろん、言葉に感情がこもっているかなど、対応の感じが重要になってきます。言葉に感情がこもっていない場合、言葉が丁寧でも冷たい印象になってしまうでしょう。感じよく対応してもらえると、こちらも話しやすくなるはずです。電話でのやり取りは相手の顔が見えないので、直接話すより感情が伝わりにくくなっています。声だけで相手を判断するのは、なかなか難しいかもしれません。何となく話しやすいと感じたなら、相手は十分なスキルを持っていると言えるでしょう。担当者の対応がしっかりしていれば、その会社の教育も行き届いていると予想できます。

話を途中で遮らないこと

賢明な電話応対を目指すなら、相手の話を途中で遮らないことも大切です。相手と意見が違う場合などに、つい言葉が出てしまうのはよくあることでしょう。話を途中で遮ると相手のリズムが崩れ、不満も感じやすくなってしまいます。たとえ話の先が予想できたとしても、相手より先に言ってしまうのはあまり好ましくありません。まずは落ち着いて相手の話を最後まで聞き、自分の発言するタイミングを見つけることが大事です。相手が目の前にいると想定すすれば、自然と相づちも打ちやすくなります。ゆっくり話すことを意識すると、会話の流れもスムーズになっていくはずです。コミュニケーションが円滑になり、言い忘れや間違いのリスクも減らせます。